一般的な家庭教師について

とりわけ大学生のアルバイトとして人気が高い家庭教師。まず家庭教師の派遣会社に名前を登録しておき、その派遣会社から随時生徒を紹介してもらうというシステムが一般的ですよね。時給も高く、先生という指導する立場に立つことができ、生徒の自宅という落ち着いた環境で仕事ができるという多くの利点を持つアルバイトです。自分の得意科目だけを重点的に教えることもあれば、さまざまな科目をいろいろと指導数というケースも見られます。

自分で自分を斡旋する家庭教師とは

しかしこうした一般的な家庭教師のアルバイトではなく、もっと効率的に稼ぐことができる裏技のような方法があります。それは家庭教師の派遣会社に名前を登録して生徒を紹介してもらうのではなく、自分で生徒を見つけて指導するというやり方です。この場合、仲介する派遣会社への仲介料がなくなるわけですから、当然のごとく家庭教師その人の懐に入る給料は増えますよね。こうした方法をすることで、さらに高収入を狙うこともできてしまうのです。

どうやって生徒を見つける?

しかし、派遣会社に登録しないというタイプの家庭教師の場合、何事も自分で切り開いていかなければいけません。自分で生徒を見つけなければいけないというところが最も大きなネックであり、生徒を見つけること自体はなかなか難しいかもしれません。知り合いの伝手をたどるとか、自分で広告を打つなどの対策が必要でしょう。スケジュール管理なども自分で行い、さまざまなことを自分でやっていくため苦労は多いですが、その分の見返りも多く得ることができますよ。

家庭教師のバイトを行う場合、利用者にとってわかりやすい授業ができる事をアピールすることが大切です。特に小さい子供を相手にする場合は信頼関係を構築できることも重要な条件になります。