業者は取引システムで選びましょう

FXでは一番大事な事は資金管理になります。相場の基本ですね。自分の思惑と反対方向に値が移動したのであればすぐに決済しなければなりません。しかしモニターの前にずっといる訳にもいきませんので、予約注文をだしておく必要があります。損切り注文と利食い注文です。OCO注文と言われる便利な注文方法です。どちらかが約定すれば残された方はキャンセルになります。つまり放置すればいいわけですね。この注文方法が簡単に出せるプラットフォームを提供している証券会社は優良だと言えるでしょう。

ハイレバレッジの海外口座を開設!

日本の証券会社は以前はレバレッジが50倍でしたが今は25倍に規制されてしまいました。法人は200、300倍とハイレバレッジですが会社員には関係ない話です。レバレッジが高いと危険と言われているのは、ごく一部の無謀なトレーダーがレバレッジいっぱいのポジションを取って、大きな含み損を抱えてしまうからです。本来レバレッジは少額でも取引が出来るためにあるものです。海外では500、600倍は当たり前の様にあります。日本の10分の1以下の資金で取引出来ますので少額から始めたい方にはお勧めです。

無料セミナーの配信業者を選びましょう

証券会社によってはプロの講師のレクチャーを配信しているところもあります。嬉しい事になんと無料です!自分の相場観と他人の相場観の違いは滅多に比べる事が出来ません。自分の手法もそうです。他人のしかもプロの手法が体感できるので見逃す手はありません。無理して取引をする必要も無い訳です。しかしそこまでサービスの行き届いた証券会社は取引プラットフォームも悪くない造りになっています。口座はいくらあっても手数料はかかりませんので是非ご参考に。

為替で利益を得る場合には専用の口座を開設をすることで、パソコンやスマートフォンから取引が可能になります。