FXとは外国の通貨を売買する投資法

FXとは、外国為替証拠金取引の事を言い、簡単に言えば、外国の通貨を売買する事で、損益が発生する投資の事を言います。誰にでも気軽にはじめられるものですが、始める前に、FXの内容を十分に理解する事が大切です。FXは、株と違い、円安か円高かを予想する、いたしてシンプルなものですが、もちろん投資ですので、上手く予想が当たれば、それなりの利益を得る事ができるものの、リスクが伴う事も、まず認識する必要があります。

レバレッジとスワップポイントとは

FXの魅力は、まず、レバレッジと呼ばれる仕組みで、資金が乏しくても、何十倍もの金額で取引が出来、大きな利益を得る事が可能な事です。しかし、自分の資金に対して、大きな取引になるので、その分ハイリターン、ハイリスクになります。出来れば、最初は、低い倍数で始める事をお勧めします。また、取引に置いて、2国間の金利の差額をスワップポイントとして、毎日得る事が出来ます。つまり、金利の差が大きければ、大きい程、スワップポイントは、大きいものです。なるべく金利の大きい通貨の取引がお勧めです。

ロスカットの重要性とは

FXは、レバレッジを高くかける事で、その分、損失も大きくなり、取引会社に預けている金額である証拠金が、全て無くなるばかりでなく、不足金が発生する可能性があるため、決められた割合を下回ると、自動的に強制決済されるロスカットと言う仕組みがあります。ゆえに、証拠金をギリギリまでつかって取引していると、ロスカットにかかりやすくなりますので、ある程度、証拠金には余裕が必要です。この様に、もちろんリスクはあるものの、魅力も多い投資でもあります。また、FXは、24時間取引可能なので、昼間、仕事で忙し人でも、帰宅後に取引が可能ですし、はじめての方でも、始めやすいので、ぜひ挑戦してみては如何でしょうか。

FXは、外国為替の相場の移り変わりを見極めることにより、収益を上げることが出来る投資の方法として捉えられています。