絶対に隠さないで、全てをオープンにする事

遺産相続で話がややこしくなり、トラブルになるのはドラマの話だけだと思ってはいませんか。実は、現実でも十分にトラブルになる可能性があるんです。今回はそんな、トラブルにならない為に、気を付けるべき3つの行動を教えちゃいます。まず、1つ目に大切なのが、絶対に隠さないでオープンにするという事です。遺産を公表しないで行ってしまいますと、他の相続人が、まだあるんじゃないかと疑心暗鬼になってしまい、それが原因でトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

話は絶対に蒸し返さないようにする

そして、2つ目に大切な行動は、絶対に過去の話を蒸し返さないという事です。何故か人は、遺産相続の話になりますと、あれやこれやと昔のお金の話をひっぱりだして、あの時にいくら使っただの、お前は仕送りを沢山もらっていたじゃないかなど、蒸し返すものなんです。ですが、そこで揉めてしまっては、肝心の遺産相続もなかなか話が進まなくなってしまいます。割り切るのは難しいかもしれませんが、過去の話は過去、今は今と割り切って、遺産相続の話をするようにしましょう。

絶対に独断で動かないようにしよう

3つ目の気をつけなくてはいけない行動は、今まで紹介した中でも、最もトラブルになりやすい行動になりますので、特に注意が必要です。それは、独断で判断をして、勝手に遺産の分割を決めてしまうという事です。誰か一人が分割の案を作って、みなさん印鑑を押してくださいというのは、一見して話もシンプルで、まとまりやすいかと思われがちですが、全くそんな事はありません。話し合いに参加できなかったという不満が溜まり、一番トラブルを引き起こしやすいんです。遺産相続は出来る限り、話し合いでスムーズに解決する事が一番ですよ。

遺産相続は専門家に相談をする事によって手続きなどを代行してもらう事が出来ますので、専門家に相談する事が最適です。