6分野の専門知識が求められる

ファイナンシャルプランナーは個人顧客のお金に関する相談に乗るのが仕事です。お金に関する分野は6分野に分類されていて、社会保険等の知識が必要なライフプランニング分野、税金に関するタックスプランニング分野、さらに保険に関するリスク管理分野について詳しい知識が求められます。不動産に関する分野や相続の知識も必要とされるでしょう。投資や金融に関することも欠かせません。これらについて広く浅く知っていることがファイナンシャルプランナーの特徴といえるでしょう。

ライフプランニングの設計と提案ができる

ファイナンシャルプランナーは単にお金に関する知識を知っているだけでは務まらないでしょう。個人の相談に乗るためにはコンサルティング能力が求められるはずです。具体的に顧客の課題を見つけ出し、それを改善する提案をプロとして行っていく必要があるでしょう。形のある商品としては提案書として顧客に引き渡す書類がありますが、中身は課題とその解決策がまとめられているものです。また、単に提案して終わるのではなく、アフターフォローも大切でしょう。

職業倫理と法令順守が求められる

ファイナンシャルプランナーの仕事は、顧客から多くの大切な情報を教えてもらわなければ成立しません。そのため、専門家としての知識やノウハウだけでなく、顧客から信頼される人間性と高い倫理意識も求めらるはずです。また、税理士法や弁護士法等の隣接分野の法令を順守し、必要があれば他の専門家と連携して仕事をする能力も求められるでしょう。ファイナンシャルプランナーは今後ますます多くの人から必要とされるようになるかもしれません。

cfpとは、CERTIFIED FINANCIAL PLANNERの略で、教育、試験、経験、論理を満たし、世界で認められた共通水準の資産管理を行うことができるプロフェッショナルに与えられるライセンスです。