どんな投資にもメリットとデメリットがある

信用取引を含め、株取引にはリターンとリスク、メリットとデメリットがつきものです。よく知らずに飛びついて痛い目に遭わないようにするためにも、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと知っておく必要があります。リスクはまったくなくなることはありませんが、軽減することはできます。信用取引にはどんなリターンとリスクがあるのかを知り、少しでもリスクを軽減できるようにしましょう。それが、信用取引を始めるための一歩です。

信用取引のメリットとは

信用取引のメリットは、自分の資金以上の取引を行えることです。自己資金や株式を担保とすることで証券会社から資金を借りることができます。最大で自己資金の三倍の取引を行うことができます。また、もう一つ、空売りというメリットがあります。通常、株価が上昇したときに利益を出すことができますが、空売りでは株価が下がったときに利益を出すことができます。証券会社から株式を借りて売却し、株価が下がったところで買い戻します。そうすると、売ったときと買ったときの株価の差が利益となります。このように、信用取引では通常よりも利益を出せる機会が多くなります。

信用取引のデメリットとは

メリットがある一方で、デメリットもあります。一つは取引金額が大きくなれば、損失が出たとき、損失額はより大きくなるということです。リターンが大きくなった分、リスクも大きくなります。二つ目は、取引を行うための資金は証券会社から借りているものなので、金利が発生するということです。また、基本的には返済期限もあります。さらに、株式を担保にしている場合は、その株価が下落して必要な保証金率を下回ると、保証金を追加する必要があります。このとき、追加できないと、返却に当てるために保有している株式が自動売却されてしまうので注意しましょう。

信用取引では、資金以上の取引を可能にするレバレッジや、株価が下がったときにもうけることのできる空売りなど、様々な方法で利益を出すことができます。